〒340-0115 埼玉県幸手市中4-18-16
幸手駅東口から徒歩15分・久喜駅東口から車で約15分

営業時間
平日:8:30~12:00/14:00~18:00  
土曜:8:30~12:00 
定休日:土曜午後・日曜・祝日

お電話でのご予約・お問い合わせ

0480-53-3671

<鍼灸アプローチ>
産後によるめまい

このようなお悩みはありませんか?

  • 産後から「めまい」・「動悸」・「肩こり」などの不調で悩まされている
  • 耳鼻科で検査をしたけれど、異常がないと言われた
  • ドクターから、「自律神経失調症では?」と言われた
  • 子供の面倒をみているので、疲労が溜まっている
  • 知り合いから、「めまい」に鍼灸が良いと聞いたけれど、どこの鍼灸院で対応できるのか分からない
  • なるべく薬に頼らずに健康を取り戻したい
  • 身体の不調に相談に乗ってもらえる鍼灸院を探している

久喜市で産後の「めまい」でお悩みの方は、おかだ鍼灸院にお任せください。

産後にめまいが起きる原因

東洋医学による解説

人間は、頭が冷えていて、足が温かくなっている状態が理想です。これを「頭寒足熱(ずかんそくねつ」と言います。

その逆に、頭の方がのぼせていて、足が氷のように冷たくなっている状態を、「上実下虚(じょうじつかきょ)」と言います。

 

身体の不調で悩んでいる方は、後者の「上実下虚」になっています。

 

この状態は、上の方の病になりやすい状態です。

 

例えば、「体がふらふらする」・「目が回る」・「胸がドキドキする」・「肩こりが辛い」・「イライラする」など、自律神経失調症を現します。

 

そして、この上実下虚になりやすいのは、産後の女性です。

 

なぜ、この状態になりやすいのかというと、産後の女性は、下腹部が軟弱になります。

 

東洋医学では、下腹部の領域が「腎」に相当し、「腎」が弱くなっていると考えられます。

 

【産前】

<腎と心のバランスが良い状態>

【産後】

<腎と心のアンバランス(上実下虚)>

そして、鳩尾(みぞおち)は、「心」の領域になっています。

 

腎は、「水」の性質があり、心は、「火」の性質があります。

 

腎が弱くなると、水で心の「火」を抑制できないと考えられるので、火によって「のぼせ」が強くなるのです。

この事は、【弁釈鍼道秘訣集(原著:鍼道秘訣集「1772年」)】に書いてあって、

上実下虚の代表は産後の婦人である。下焦が弱まったため、相対的に上が実し、のぼせや血暈を起こす。血暈は貧血して倒れる病である。甚だしくなると、腎の虚火がのぼって心を衝き、気違いのよになる事がある。・・・・と書かれている。

この為、「めまい」・「動悸」・「肩こり」・「イライラ」など、身体の上の不調が現れます。

 

これが、東洋医学で考える産後にめまいが起きる原因の一つです。

産後の「めまい」が鍼灸で改善する理由

上実下虚から頭寒足熱へ

産後の「めまい」が起こる原因は、腎の弱りがある事をお伝えしました。

東洋医学では、この腎を元気にするツボを使い、のぼせている状態を改善させるように働きかけます。

 

そうすると事により、足が氷のように冷えて、頭がのぼせている「上実下虚」の状態から、のぼせが引き、足の冷えも弱まり「頭寒足熱」の状態に変化していきます。そして、「めまい」の改善につながるという分けです。

記事を書いた人

おかだ鍼灸院

代表:岡田匡史

平成20年におかだ鍼灸院を開業

[国家資格]

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

【参考文献】

  • 弁釈鍼道秘訣集(緑書房)
  • 首藤伝明症例集(医道の日本社)

ご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0480-53-3671

ご予約方法

私が「はい!おかだ鍼灸院・接骨院です!」と電話に出ます。

そうしましたら、

「初めてです。予約を取りたいのですが」とおっしゃって下さい。

  • ご希望の日時
  • お名前
  • お困りの症状

について、お聞きします。

営業時間
平日:8:30~12:00/14:00~18:00  
土曜:8:30~12:00 
定休日
土曜午後・日曜・祝日

アクセス

住所

〒340-0115 埼玉県幸手市中4-18-16
幸手駅東口から徒歩15分
久喜駅東口から車で15分

営業時間

■平日
8:30~12:00/14:00~18:00  
■土曜
8:30~12:00 

定休日

土曜午後・日曜・祝日