〒340-0115 埼玉県幸手市中4-18-16
幸手駅東口から徒歩15分・久喜駅東口から車で約15分

営業時間
平日:8:30~12:00/14:00~18:00  
土曜:8:30~12:00 
定休日:土曜午後・日曜・祝日

お電話でのご予約・お問い合わせ

0480-53-3671

<鍼灸アプローチ>
更年期によるめまい

このようなお悩みはありませんか?

  • 40代後半になってきてから、体調不良が現れるようになった
  • めまい以外にも、肩こり・動悸・イライラ・のぼせなどの症状も感じるようになった
  • 家庭や仕事のストレスで、自律神経も乱れている感じがする
  • 年齢的に更年期による不調なのかな?と思っている
  • 病院で検査をしたけれど、脳や耳には異常がなかった
  • 薬を処方されたけれど、めまいが楽にならない
  • なるべく、薬に頼らずに健康を取り戻したい
  • 何か良い方法がないか?探している
  • 更年期に入ってから、いろいろな不調で悩んでいるので、相談しやすい鍼灸院でメンテンナンスを受けたい

更年期の「めまい」でお悩みの方は、おかだ鍼灸院にお任せ下さい!

女性の更年期について

更年期の概要

閉経前後の5年間は、「更年期」にあたり生殖期から老年期への移行期にあたります。これは、ちょうど、45歳~55歳頃になります。

 

そして、この時期に現れる多種多様な症状(例えば、めまい・肩こり・頭痛・動悸・のぼせ・イライラ)にって、日常生活に支障をきたすものを「更年期障害」といいます。

更年期の身体的変化

女性の体の中では、何が起きているのかというと、卵巣機能が低下して「女性ホルモン」の分泌が減少・消失に向かっています。

そこで、女性の体では、脳(下垂体)から女性ホルモンの分泌促すホルモンを出すのです。

 

そのホルモンは、血流に乗って「卵巣」に運ばれますが、卵巣機能が低下しているので「女性ホルモン」を分泌する事ができません。

 

そうすると、女性の体では、何とかして女性ホルモンを増やそうとして、脳(下垂体)から女性ホルモンの分泌を促すホルモンを更に増やします。

 

しかし、このホルモンが過剰に分泌された為、自律神経の中枢である視床下部を刺激し、「自律神経失調症」を引き起こしてしまうのです。

 

このように、更年期では、「ホルモン」や「自律神経」の影響と、この年代に起こりやすい「子供の独立」・「親の介護」・「夫の定年」・「老後の不安」などが複雑に絡み合い更年期障害を発症すると言われています。

更年期に起こる様々な症状

更年期に「めまい」・「ふらつき」を起こす方がいますが、これは更年期障害の一部です。その他にも症状を現すので参考にして下さい。

自律神経症状
  • 血管運動神経症状:のぼせ・発汗・寒気・冷え・動悸
  • 胸部症状:胸痛・息苦しさ
  • 全身症状:疲労感・頭痛・肩こり・めまい

 

精神症状
  • 情緒不安定・イライラ・怒りっぽい
  • 抑うつ気分・涙もろくなる・意欲低下

 

その他の症状
  • 運動器症状:腰痛・関節痛・筋肉痛・手のこわばり・むくみ・しびれ
  • 消化器症状:吐き気・食欲不振・腹痛・便秘・下痢
  • 皮膚粘膜症状:乾燥感・湿疹・かゆみ
  • 泌尿器生殖期症状:排尿障害・頻尿・性交障害・外陰部違和感

 

【引用文献】

  • 1336専門家による私の治療(日本医事新報社)

めまいが鍼灸で改善する理由

自律神経を整えるサポートをする!

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

この二つの神経を車で例えるなら、交感神経が「アクセル」・副交感神経が「ブレーキ」にあたります。

 

例えば、あなたが大勢の人前で話しをする機会があったとします。

 

あなたの心臓は、ドキドキと鼓動が高まり・手足は冷たくなっています。場合によっては、顔も青ざめているかも知れません。

 

この時、体では、アクセル全開の「交感神経」が興奮している状態です。

交感神経が興奮していると、血管を収縮させるので血流が悪くなり「手足が冷たくなったり」・「顔が青ざめたり」するのです。

 

更年期では、この交感神経が興奮している事が多いので、平衡感覚を司る「脳幹・小脳」や「内耳」の血流が悪くなり、「めまい」・「ふらつき」を引き起こします。

 

しかし、鍼灸では、この交感神経の興奮を鎮める働きがあります。

 

その理由は

鍼灸を受けると「眠くなる人」がいる。施術をしている最中に「お腹がぐう~と鳴る」・「お腹が空いたという人がいる」・「手足が温まる」・「心臓の鼓動が穏やかになる」などの反応からも分かります。

 

これらは、「アクセル」から「ブレーキ」に切り替わった反応だからです。

 

副交感神経が働けるようになると、興奮が鎮まり・胃腸の働きも良くなり・血管も拡張するので血流の改善につながります。そして、心臓の鼓動もゆっくりになるのです。

 

このような状態になると、平衡感覚を司る「脳幹・小脳」・「内耳」の血流も改善され本来の機能が発揮されます。

 

更年期の「めまい」に、鍼灸がお役に立てられるのは、これらの理由があるからです。

副腎が元気になるようにサポートをする!

更年期は、卵巣機能が低下し「女性ホルモン」の分泌が減少・消失する事は、何度がお伝えしました。

 

おかだ鍼灸院では、この「女性ホルモン」に対して、どのようにアプローチするのかというと、副腎に重点をおきます。

 

なぜ、重点を置くのかというと、副腎が元気でいると「女性ホルモン」を分泌を促するからです。

 

この副腎は、どこにあるの?と思う方も多いと思いますが、腎臓の上にのっています。

 

副腎には、色々な働きがあって、心身にストレスにあった時に体を守る働きとして「アドレナリン」や「副腎皮質ホルモン(ステロイド」を分泌します。

 

これらのホルモンの作用は、肝臓や筋肉のグリコーゲンを分解を促し血糖値を上げたり・炎症やアレルギー反応を鎮めます。

 

また、卵巣機能が衰えて「女性ホルモン」が分泌されなくなっても、変わりに「女性ホルモン」を分泌する作用もあります。

 

しかし、この副腎が疲労して弱っていると、女性ホルモンを分泌する事ができません。鍼灸では副腎を元気にするアプローチをするのです。

 

そうすると事により、更年期の「めまい」にお役に立てられるのです。

 

お客さまの声

不安を解消できたの鍼のおかげでした!

【最初、どのような症状がありましたか?】

ひどいインフルエンザの後に突発性めまいで、救急車で運ばれた。薬も治療もなく困っていた。

※この続きは、お客さまの声はこちらをクリックして下さい。

日常生活が普通に送れるようになった!

【最初、どのような症状がありましたか?】

吐き気・めまい・耳なり

 

※この続きは、お客さまの声はこちらをクリックして下さい。

記事を書いた人

おかだ鍼灸院

代表:岡田匡史

平成20年におかだ鍼灸院を開業

[国家資格]

はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師

ご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0480-53-3671

ご予約方法

私が「はい!おかだ鍼灸院・接骨院です!」と電話に出ます。

そうしましたら、

「初めてです。予約を取りたいのですが」とおっしゃって下さい。

  • ご希望の日時
  • お名前
  • お困りの症状

について、お聞きします。

営業時間
平日:8:30~12:00/14:00~18:00  
土曜:8:30~12:00 
定休日
土曜午後・日曜・祝日

アクセス

住所

〒340-0115 埼玉県幸手市中4-18-16
幸手駅東口から徒歩15分
久喜駅東口から車で15分

営業時間

■平日
8:30~12:00/14:00~18:00  
■土曜
8:30~12:00 

定休日

土曜午後・日曜・祝日